遺品整理・特殊清掃クリーンメイト大阪

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

遺品整理とは?遺品整理士だから教えられるその内容と行う際のポイント | 大阪の遺品整理・特殊清掃専門会社「クリーンメイト」遺品整理士認定協会推薦優良事業所

電話でのお問い合わせ メールでお問い合わせ お見積もり よくある質問

かならず役立つ豆知識

かならず役立つ豆知識

大阪の遺品整理・特殊清掃専門会社「クリーンメイト」遺品整理士認定協会推薦優良事業所 > かならず役立つ豆知識 > 遺品整理とは?遺品整理士だから教えられるその内容と行う際のポイント

かならず役立つ豆知識

2019年3月27日
遺品整理とは?遺品整理士だから教えられるその内容と行う際のポイント

遺品整理とは?遺品整理士だから教えられるその内容と行う際のポイント

【遺品】故人の所有物を処分すること

と辞書にはそう記されています。

しかし実際は、単に故人様の所有物の処分をするだけではなく、思い出を整理し故人様の生きた証を後世までつなぐ心の架け橋だとおもいます。

そんなご遺品整理について遺品整理士だから教えられるその内容と行う際のポイントを今回は掘り下げてお伝えしたいとおもいます。

遺品整理とは亡くなった人が所有していたモノを処分することです。

しかし「整理」という言葉が使われているように単に不用品として処分するだけでなく、できるだけひとつひとつの不用品を細かくチェックしたうえでそれぞれに相応しい処分の方法並びにリユースできる物を選択する工夫や配慮が求められます。

 

「遺品」とは文字通り「遺された品」ですが、時としてそれは「遺産」になることもあります。

不動産や預金、有価証券などはっきりと遺産と分類されるものだけでなく、自宅にある所有物の中にも遺産と判断できるような価値のあるものが潜んでいることもあるのです。

自動車やバイクだけでなく貴金属などの装飾品などが遺されているかもしれません。

こうしたものを分類し、価値を見極め、価値がありそうなら親族同士でよく話し合って適切な形で分割を行う、後日トラブルにならないためにも絶対に必要な部分です。

また遺産になるような金銭的な価値はないものでも故人にとって、または故人とゆかりのあった人たちにとって価値のあるもの遺品の中には必ず含まれているものです。

子どもや孫との思い出の品は形見分けすることで故人の思い出をゆかりがあった人たち全員で分かち合うことができます。

また趣味のコレクションがあった場合には同じ趣味の友人に形見分けすることで故人にとっても友人にとっても理想的な遺産の分配ができます。

故人が生前にこうした金銭的に価値のあるものやゆかりの人に受け継いで欲しいものをしっかり分類していればよいのですが、こうしたケースはごく限られており、いろいろな日用品や本人以外にはあまり価値がないものと一緒に紛れ込んでいるものです。

こうしたものをうまく見つけ出し、しかるべきところへと引き渡していく。

故人に敬意と愛情を持ちながら遺品を整理していくうえで欠かせないポイントです。

 

業者に依頼する選択肢も…

ただこうした遺品整理の理想も遺品があまりに多い場合にはなかなか難しくなってしまいます。

そんな時に役立つのがプロの業者です。

遺品整理のプロというと単に大量の不用品を一気に引き取ってくれるイメージが強いですが、実際にはこうした必要なものと処分するべきものの分類や遺族が探しているものの捜索も手伝ってくれます。

プロならではの手際のよさでどんどん片付けながらこうした遺品の整理・分類も行ってくれるので限られた期間内でもてきぱきと進めていくことができるのも魅力です。

親族が集まって整理したり、遺品の分配についての話し合いの機会がなかなかもてないときにも重宝するでしょう。

遺品整理のプロに任せる理由は?

不用品回収業者との違い

親族が亡くなって遺族が大量の遺品を処分しなければならなくなったときにはプロの回収業者に依頼するのが一番の近道です。

そんな時に依頼先の選択肢として浮上するのが遺品整理を手がけている業者と不用品回収業者です。

この2つのタイプは混同されることも多く、実際に両方を手がけている業者も少なくありません。

しかし実際には遺品整理と不用品回収業者との間には大きな違いが見られます。

 

不用品回収業者とは文字通り「いらないものを処分してくれる業者」です。

簡単に言えば依頼主が「これは不用品ですから処分してください」と依頼したものをまとめて引き取って適切な形で処分してくれるのがおもなサービス内容です。

遺品整理でも似たような状況があるわけですが、遺品整理と一般的な不用品回収との最大の違いは「すべてがいらないものとは限らない」ことです。

 

遺品整理の場合、故人が自分の所有物をきちんと整理しないまま亡くなってしまっていることが多く、中には遺産になりそうな価値があるもの、形見分けになりそうな思い出の品なども含まれているものです。

それらをすべて「いらないもの」として不用品回収に依頼してしまうとまとめて処分されてしまうことになってしまいます。

 

丁寧な仕分け

 

この点が遺品整理の業者に依頼する最大の目的でありメリットです。

最初の段階で必要ないものと必要なものを仕分けしていくのを手伝ってもらえるのです。

大量のモノのなかから思い出の品、価値がありそうな品を仕分けしてまとめていく、この非常に面倒な作業をプロの技術とノウハウで手伝ってくれるのです。

 

捜索品も見つかる

 

もうひとつ見逃せないのが捜索品を見つけることができる点です。

遺族や友人にとって思い出の品は故人にとっても大切なものでどこかにしまいこんでしまっていることも多いですし、何十年も前の品なら故人自身でさえ場所がわからなくなってしまっていたかもしれません。

そうしたものを捜し出すのはなかなか大変、そんな時にも遺品整理の業者に依頼すれば仕分けをしながら捜索を手伝ってもらうことができます。

 

またノウハウに長けた業者なら残すものと捨てるものの取捨選択のアドバイスもしてくれます。

どういった遺品を残すとよい思い出になるのか、逆に今の段階で処分しておかないと困るものなど、プロの視点からもらえるアドバイスは非常に有用です。

 

こうした遺品整理ならではの作業をしっかり行いつつ、最終的に不要になったものを回収してもらう。

これが遺品整理業者に依頼する内容です。

通常の不用品回収との違いを見てもメリットは明らかではないでしょうか。

上記の内容でお困りのお客様がいましたら、どんな些細な事でも構いません。

遺品整理のプロ クリーンメイトにおまかせくださいませ。

遺品整理・特殊清掃・生前整理でお悩み・お困りの方は今すぐ「クリーンメイト」へ! 0120-94-4651 ご相談お見積もり無料
無料見積もり・お問い合わせはコチラ